スポンサーサイト

2017.01.11 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    肉丼専門店「肉劇場」の高槻店ができたので肉激情丼を食べてみた。

    2016.06.26 Sunday

    0

      気がついたら人様の絵を勝手にちょろまかしてTシャツを作ってばかりいるのでこれではいかんとオリジナルを作ろうと試みるも特に浮かばず。

      とりあえずお腹がすいたので駅前を適当にうろついてたら、高槻市ふるさと納税7年連続ノーマネーの窮地を救ったことで話題になった駿河屋高槻店のそばに

       

       

      肉丼専門店「肉劇場」という素敵なお店ができていたので入ってみました。

       

      メニューはこんな感じ。

       

       

       

       

      印象的なお店に行ったらとりあえず名物っぽいのを試してみる主義なので

       

       

      とりあえず「肉激情丼」というのを注文してみました。

       

       

      たれの種類も豊富ですがとりあえず無難に甘口でいきます。

       

       

      そして登場しました「大激情丼」ちなみに大激情丼のご飯の量は500gが並盛で大盛にもできるそうですが今回は無難に並盛にしときました。

       

       

      肉1圓箸竿500gとわかりにくいですが肉の下にキャベツの千切りが100g隠れてます。

       

       

      写真では伝わりにくいですがなかなかのスケールです。

       

       

      とりあえず持ってみました。総量1.6圓釆Г僚鼎気2垓瓩あるのではと思います。

       

       

      とりあえず食していきます。味は甘口なので甘辛好きの自分にとってはちょうど良い味で食が進みます。

      肉の層が厚くて簡単にご飯にたどりつけないのでとりあえず肉を片側に置けるだけ置いてキャベツとご飯を露出させます。

      そして肉をおかずにキャベツとご飯を食していきます。そしてキャベツとご飯がある程度減ったらそのスペースに肉を移動させます。

       

       

      そして移動させた肉をおかずに肉の下にあったキャベツとご飯を食していきます。

       

       

      それを繰り返すと当然ながら肉が多いのでご飯が底をつきます。

       

       

      というわけでご飯を300g追加してみました。肉は美味しいですが流石にこの量は少し飽きが来るので味に変化をつける為にトッピングでわさびご飯にして温泉玉子を追加してみました。

       

       

      わさび温玉肉丼にしたりして変化をつけてみました。

       

       

      そんなこんなで「大激情丼」を無事完食したわけです。

      基本重量1600g、追加ご飯300g、それと温玉に付け合わせのスープと水もコップに3杯くらい飲んだので総重量は2圓鯆兇┐燭里任呂覆い任靴腓Δ。

      つまり私の体重は入店前に比較して2堋増量されたということになります。

       

      とりあえず経過と感想を淡々と記してみましたが実際淡々とこなせたかというと

       

      けっこうキツかったです。

       

      量自体は楽とは言いませんがまあ食べきれる量でした。

      問題は肉の固さです。この手の料理の肉は歯応えのある肉質の肉が使われることが多く今回の肉もそういう肉質でした。

      そういう肉が悪いというわけでは決してありません。そういう肉だと味付け次第で食べ応えがあり、少ない量の肉でたくさんのご飯が食べられたりするメリットもあります。

      しかし今回はそれが裏目に出ました。

      追加のご飯を温玉肉丼にしたりして楽しんでた時は十分余裕があったのですが、半分くらい食べたあたりで急激に顎が疲れてきました。

      こうなると肉が思ったように噛めず、うまく噛めないので肉をいつまでも飲み込むことができなくなり次第に顎だけでなく口の中全体が疲れてきます。

      そうこうしてるうちにお腹も程よく膨れてくるのでますます食が進まなくなります。

      後で時計を確認したら最初のご飯は15分くらいで食べきったのに追加の300gと残りの肉を食べきるのに20分以上かかっていました。

       

      感想 肉の量とご飯の量は1:1が理想。(キャベツの千切り入れたら、肉、飯、キャベツは2:2:1が理想)

       

      昼過ぎにお店に入って出たのは夕方近かったので今日は晩御飯はいらないと思いましたが、

       

      甘いものは別腹

       

      などと昔の人は含蓄のあることを言ったものです。しょっぱいものをたくさん食べたあとは甘いものが食べたくなるものです。

       

      というわけでガリガリ君をダース買いしてしまいました。

       

       

      それにしてもあんなにたくさんの肉とご飯を食べたのに1時間経ったらガリガリ君が6本食べられるようになるなんて

      人間の体って本当に不思議ですね。

       

      スポンサーサイト

      2017.01.11 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする